スマートウォッチやフィットネス用アームバンドなどのフィットネストラッキング用に新センサ

SFH 7060
脈拍数および血中酸素濃度測定用の光学式集積センサSFH 7060は、電力消費と測定精度が最適化されました。高感度フォトダイオード、緑色LED 3個、赤色LED 1個、赤外 LED 1個を搭載しています。
ソース: オスラム
11.08.2015 | 赤外製品 & レーザダイオード

オスラム オプトセミコンダクターズが脈拍数および血中酸素濃度の光学測定の製品ラインナップを拡充します

オスラム オプトセミコンダクターズの新センサSFH7060は、脈拍数および血液中の酸素濃度測定用に設計されました。本製品は、優れた信号品質と低消費電力を実現しています。この製品の主なアプリケーションには、ウェアラブルとして知られ、健康レベルを継続的にモニタリングするスマートウォッチやフィットネス用アームバンドなどモバイル機器が含まれます。この光学式集積センサは、3つの異なる波長をもつ5個の発光ダイオードと1個の高感度フォトダイオードで構成されています。

SFH 7060は、オスラムが2014年秋に発表した光学式センサSFH 7050をさらに発展させたものです。機能は従来品と同様ですが、消費電力と信号品質が改善されています。SFH 7060は緑色LED 3個、赤色LED 1個、赤外LED 1個、そしてエミッターから不透明バリアで光学的に隔離されたフォトダイオード1個を搭載しています。計測は肌への光の照射によって行われます。血液と周囲組織では光の吸収量は異なります。そして吸収されなかった光は、ディテクターに反射します。異なる波長による吸収量の測定を利用することで、脈拍数と血中酸素濃度を決定します。

効率的で信頼できる測定

緑色の光は手首での脈拍数測定に最適です。SFH 7060には、オスラム オプトセミコンダクターズの最新の高効率UX:3素子技術に基づく、波長530nmの緑色 LED 3個が搭載されています。最適な駆動電流である20 mAのポイントでは特に効率的で、チップあたり電圧3.2 V で標準光出力3.4 mWを実現しています。SFH 7050と比較してより高い光出力により、信号品質がさらに優れ、脈拍数測定がより安定します。また低消費電力のため、デバイスのバッテリー寿命が長くなります。

より高精度な血中酸素測定

血中の酸素濃度は、赤色光(660 nm) と赤外光(940 nm)の吸収率の差から算出されます。そのため測定品質は、フォトディテクターの信号対ノイズ比達成度および直線性に大きく依存します。当製品が搭載する受光面1.3 mm x 1.3 mmのフォトダイオードは、これらの要件に完璧に満たしています。さらにSFH 7060では、2つのトランスミッターとフォトダイオードの距離がSFH 7050の場合よりも大きくなっています。すなわち、光はディテクターに反射する前により深く皮膚に浸透するため、より安定した信号と優れた信号対ノイズ比を実現します。従来品と同様に、赤色光のトランスミッターは高精度測定を確実にする± 3 nm という非常に狭い範囲が特長です。赤外および緑色LEDのスペクトル帯域は各30 nmです。

この新センサは、オスラム オプトセミコンダクターズのフィットネストラッキング用製品ラインナップの最新製品で、あらゆる最新のニーズに対応するよう設計されています。「ウェアラブルによるフィットネストラッキング市場は急速に成長しており、コンポーネントに求める仕様も急激に変化しています」と、オスラム オプトセミコンダクターズのシニアマーケティングマネージャー Dr. Jörg Heerleinは説明しています。「当社は顧客と緊密に協力しており、常に適切な製品を継続的に、かつ迅速に提供できる立場にあります。」これによってユーザーには、脈拍数測定用に設計された高効率ソリューションの脈拍数・血中酸素測定を組み合わせた極めて小型なセンサと同じ機能性を大幅に向上させたやや大きめのバージョンの選択肢ができました。

テクニカルデータ:
パッケージサイズ 7.2 mm x 2.5 mm x 0.9 mm
波長 530 nm / 660 nm / 940 nm
駆動電流20 mA時の光出力(緑色LED) 3.4 mW
受光エリア 1.7 mm²

 

オスラムについて

ドイツ・ミュンヘンに本社を置くオスラムは、世界2大照明メーカーのひとつです。当社の製品ラインナップは、ランプ、電子制御装置、発光ダイオード(LED)などの光半導体の部品から、照明器具、ライトマネジメントシステム、照明ソリューションまでバリューチェーン全体に及んでいます。オスラムは世界中に約34,000人の従業員を擁し、2014年度(9月30日決算)の収益は51億ユーロ超でした。当社の事業活動は100年以上に渡り、光、そして、生活の質(QOL)に重点を置いています。当社は2013年7月8日にフランクフルト証券取引所およびミュンヘン証券取引所に上場しました。(ISIN: DE000LED4000; WKN: LED 400; 銘柄コード OSR)

免責事項

本書には、当社の将来の業績及び財務成績並びに将来の動向に関する記述及び情報が含まれ、将来予想に関する記述(すなわち過去ではなく将来実施されるプロセスに関する記述)を構成する場合があります。これらの将来に関する記述は、「予期する」、「期待する」、「望む」、「意図する」、「計画する」、「確信する」、「切望する」、「見込む」、「予定する」、「予見する」その他の類義語で示されます。これらの記述は、オスラムのマネジメント による現時点での予想と一定の仮定に基づいたものです。そのため、一定のリスクと不確定要素に影響されます。種々の要素がオスラムの事業、業績、事業戦略、結果に影響し、かかる要素の多くはオスラムの支配を超えるものです。また、かかる要素が原因となり、明示的若しくは黙示的に示され又はこれまでの傾向に基づき予想された将来の結果、業績又は成果と、実際の結果、業績又は成果が実質的に異なる場合があります。これらの要素には、特に2013会計年度のOSRAM Licht グループ年次報告書中の「機会とリスクに関する報告」の章に記載されている事項が含まれますが、これに限定されるものではありません。これらのリスク若しくは不確定要素の1つ若しくはそれ以上が現実化した場合、又は基礎となる仮定が不正確であると証明された場合は、オスラムの実際の結果、業績、又は成果は、期待され、予期され、意図され、計画され、確信され、努力され、見込まれ又は推定されるとしたこれらの将来予想に関する記述とは、実質的に異なる可能性があります。オスラムは、これらの将来予想に関する記述を、予測と異なる展開を考慮して更新又は改訂することを意図しておらず、また、更新又は改訂する一切の義務を負いません。本書及びその他の文書で示された数字は切り捨て又は切り上げられており、実際の合計に正確には合致しない場合があり、また、百分率は関連した完全な数値を反映していない場合があります。

プレスコンタクト

Melanie Zhou

haili.zhou@osram-os.comT: +86 21-5385 2661
F: +86 21-5385 2868

オスラム オプト
セミコンダクターズ
RSS プレスフィード